TOP > 風景表現 > 室内のようす > 庭・縁側・ベランダ


カテゴリ検索 単語の意味
ひろい庭の芝生の彼方に、三渓園の三重塔がのぞまれ、それが、しだいに夕闇の中へ溶けこんで行くのを、われわれは飽くこともなくながめ、
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 ページ位置:81% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
庭・縁側・ベランダ
しおりに登録する
夕闇(ゆうやみ)・・・日が沈んで、月が出るまでの間の薄い暗闇。夕方、月がなくて暗いこと。
......菜である。雑煮である。 中国風の麺である。野菜の煮物である。 すべてが、家庭料理のあたたかさと、入念な調理によるもてなしであって、この家の愛好者は非常に多い。 ひろい庭の芝生の彼方に、三渓園の三重塔がのぞまれ、それが、しだいに夕闇の中へ溶けこんで行くのを、われわれは飽くこともなくながめ、料理を口へはこび、酒をのんだ。「戦争中は、この辺に、高射砲の陣地があったものだから、ずいぶん、ひどくやられました。ハマの他のところは焼夷弾が多かったんだが、この......
庭・縁側・ベランダの表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分