TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 走る・駆け回る

TOP > 風景表現 > >


カテゴリ検索 単語の意味
風にさからいながら、子供の走るかっこうが、海老のように見える。
林 芙美子 / ボルネオダイヤ「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
走る・駆け回る
しおりに登録する
海老・蝦(えび)・・・エビ目(十脚類)の甲殻類の一群(長尾類)の総称。水中に住み、足が10本ある甲殻類の動物。体は頭胸部と、7節に分かれ非常に発達した腹部から成る。堅い殻でおおわれ、体を曲げ伸ばして進む。頭には2対の長い触覚がある。食用になるものが多い。「海老(かいろう)」とも読む。
no data
走る・駆け回るの表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
風の表現・描写・類語(風のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
「風」カテゴリからランダム5
大きい束髪に風を入れていた。
林芙美子 / 新版 放浪記
微風が到るところで、彼女(高原)の柔らかい産毛のような若草と戯れ
立野 信之 / 軍隊病「軍隊病―兵士と農民に関する短篇集 (昭和4年) (日本プロレタリア作家叢書〈第5篇〉)」に収録 amazon関連カテ草原・芝生微風・そよ風
吹き始めた暴風は一秒ごとに募るばかり
有島武郎 / 生まれいずる悩み
私の髪と、なつかしい等のシャツのえりが川風で夢のようにぼんやりとなびいた。
吉本 ばなな / ムーンライト・シャドウ「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歩く・歩き方 の表現の一覧 
風 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分