TOP > 食べ物表現 > > お寿司


カテゴリ検索 単語の意味
もともと鮨は庶民の食べものであって、私が幼少の頃、祖父の手もとで暮していたとき、しがない飾り職人であった祖父の家でも、七日に一度は出前の鮨を食べていたものだ。  そのころの鮨屋は、ガラス張りのケースにパセリといっしょに魚や貝をならべておくようなまねはしなかったようにおもう。
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 ページ位置:4% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
お寿司
しおりに登録する
手元・手許(てもと)・・・1.手のもと。手の届くあたり。手近。自分のそば。
2.物の、手で握る部分。握り。
3.何かをするときの手の動き。手の動かし方。また、手並み。広義では、腕前(うでまえ)。
4.(女房詞で)箸。
5.「手元金」の略。
6.生計をたてるための金。また、暮らし向き。
7.(左官職人などの)傍について助手をつとめる人。
「許」は、「近く」「そば」を意味する。
......「いまの東京の魚は、みな地方や外国の海から送りこまれているというのに、江戸前というのはおかしい」 などというが、江戸前は〔江戸風〕とでも解しておけばよかろう。 もともと鮨は庶民の食べものであって、私が幼少の頃、祖父の手もとで暮していたとき、しがない飾り職人であった祖父の家でも、七日に一度は出前の鮨を食べていたものだ。 そのころの鮨屋は、ガラス張りのケースにパセリといっしょに魚や貝をならべておくようなまねはしなかったようにおもう。 ところで……。 むかしから銀座にある、それと知られた鮨屋で〔○○鮨〕という店があり、私は以前から、よく通いもしたし、近ごろまで食べに出かけていた。新国劇の芝居......
お寿司の味、おいしさを伝える表現・描写(米のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「米」カテゴリからランダム5
(激辛三十倍カレー)例の別添え銀製風容器に入れられており、十倍も、三十倍も、色に変わりはない。ごくふつうの黄土色カレーで、三十倍も特に獰猛な面影はない。  いきなり三十倍からいくことにした。  一口目。特にどうということもなく、酸味の利いたやや辛めのカレー、という印象。二口目も平穏無事に過ぎた。三口目から突如、三十倍の猛攻が始まった。辛さというものは、最初油断させておいて、突然強烈なカウンターブローを放ってくるようだ。  まず口の中が熱湯を含んだようになり、次に舌全体が針で突つかれたように痛くなった。唇がたちまちタラコになった。各地に被害が出始めたのである。とたんに汗関係機関がフル操業になったらしく、顔面および首筋方面に点在する何十万という毛穴から汗がドッと噴き出てきた。舌全体にドシンとくるしぶとい辛さではなく、点在的にチクチク、トゲトゲとくる陰険な辛さである。  熱感と痛感で口を閉ざしていることができない。口中内壁とカレーとの接触を阻むために、全員いっせいに「アヒ、アヒ」と口を開け、「ホレハ、ドーモ、ハフガニ、フゴイ」(これは、どうもさすがにすごい)などと言い合って、「ミフ、ミフ」(水、水)ということになる。そうしてゴクゴク水を飲んで、スプーンを放り出し、イスの背にぐったりもたれてとりあえず摂取を中断し、改めて恐怖のカレー汁をしみじみ見つめる。
東海林 さだお「タコの丸かじり」に収録 amazon関連カテからい(辛味)カレー
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
米 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分