TOP > 風景表現 > 空・中空 > 奇妙な空


カテゴリ検索 単語の意味
そらが黄いろでぼんやりくらくていまにもそこから長い手が出て来さうでした。
宮沢賢治 / ひかりの素足 ページ位置:56% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
奇妙な空
しおりに登録する
......ら、お前あるけるかい。」  一郎が云ひました。 「うん。おっかさんがそこに居るだろうか。」 「居るとも。きっと居る。行かう。」  一郎はさきになってあるきました。そらが黄いろでぼんやりくらくていまにもそこから長い手が出て来さうでした。  足がたまらなく痛みました。 「早くあすこまで行かう。あすこまでさへ行けばいゝんだから。」一郎は自分の足があんまり痛くてバリバリ白く燃えてるやうなのをこらへて......
奇妙な空の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分