TOP > 風景表現 > 水面・水中・水辺 >


カテゴリ検索 単語の意味
(船上から)波また波と果てしもなく連なる水の堆積たいせきをはるばるとながめやった。
有島武郎 / 或る女(前編) ページ位置:48% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
堆積(たいせき)・・・何重にも高く積み重なること(もの)。雨風など自然の力で土砂が運ばれて、地表や水底にたまること。
遥遥・遥々(はるばる・はろばろ)・・・距離や時間、程度がかけ離れているさま。遠くまで範囲が広がっているさま。はるかに。
同じ漢字を重ねることで、語調を整えて意味を強めた表現。
......し広げて、ほおには血液がちくちくと軽く針をさすように皮膚に近く突き進んで来るのが感ぜられた。葉子は散歩客には構わずに甲板を横ぎって船べりの手欄てすりによりかかりながら、波また波と果てしもなく連なる水の堆積たいせきをはるばるとながめやった。折り重なった鈍色にぶいろの雲のかなたに夕日の影は跡形もなく消えうせて、やみは重い不思議な瓦斯がすのように力強くすべての物を押しひしゃげていた。雪をたっぷり含んだ空だけが、その......
海の表現・描写・類語(水面・水中・水辺のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「水面・水中・水辺」カテゴリからランダム5
潮の香が濃い蜜になってやわらかく自然を包む
畑 正憲 / 天然記念物の動物たち amazon
湖水のように静かな海
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
氷山が白砂糖の大きな塊まりのように現われたり
野上 彌生子 / 哀しき少年「野上彌生子全小説 〈8〉 哀しき少年 明月」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
水面・水中・水辺 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分