TOP > 暮らしの表現 > イベント > 新生活


カテゴリ検索 単語の意味
この雪が融けたら春になって、自分は中学の三年生になって、一所懸命勉強をしなければいけないのだと思った。
宮本 輝 / 螢川「螢川・泥の河(新潮文庫)」に収録 ページ位置:31% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
新生活
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......たに違いなかった。 もっとゆっくりしていかれと関根の父がひきとめたが、竜夫はそそくさと関根の家を辞した。市電に乗らずに、父のいる病院への長い雪道を歩いていった。この雪が融けたら春になって、自分は中学の三年生になって、一所懸命勉強をしなければいけないのだと思った。不思議な昴ぶりが竜夫の足を早めていた。 小降りになったり烈しく吹きつのったりしながら、雪はいっこうにやむ気配を見せなかった。道行く人はみな外套を白く染め、身を屈......
ここに意味を表示
新生活の表現・描写・類語(イベントのカテゴリ)の一覧 ランダム5
経験したことのない速度で日常が動きはじめた。
又吉直樹「劇場(新潮文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「イベント」カテゴリからランダム5
「暮らし・生活」カテゴリからランダム5
借りてきた映画を観ることだけで暮らしていた日々のあの生温かい停滞のなかへ、もう一度もどりたい
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
平穏がぬるま湯のようにぴったりと家そのものを包みこむ
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
イベント の表現の一覧 
暮らし・生活 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分