TOP > 感覚表現 > ものの性質・特徴 > 生理的な嫌悪感


カテゴリ検索 単語の意味
生理的に、としか言いようがない漠然とした嫌悪感を与えてきた。足の多い昆虫や、けばけばしい色の植物を目撃したのに似た、不快感だ。
伊坂 幸太郎 / マリアビートル ページ位置:89% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
生理的な嫌悪感
しおりに登録する
けばけばしい・・・不快感を感じるほど行き過ぎているさま。品がない派手さでうっとうしいさま。配色が賑やかで嫌気を感じるさま。
足・脚・肢(あし)・・・1.動物の胴体の下から左右に分かれて伸びている部分で、歩いたり体を支えるのに用いる部位。とくに、足首から下の部分をさすこともある。
2.台を支える棒状の部分。物の本体を支える、突き出た部分。また、地面に接する部分や、物の下や末端部分。「テーブルの足」
3.歩くこと。走ること。また、その能力。「足が速い選手」
4.行くこと。また、来ること。また、そうするための手段や乗り物。「客の足がとだえる」「足の便がいい」
5. 餅(もち)などの粘り。こし。
6.損失。欠損。借金。また、旅費。
7.その他、足の形や動きから連想されできた表現として、
・食べ物の腐りぐあいや、商品の売れ行き。「足がはやい」
・(脚)漢字を構成する部分で、上下の組み合わせからなる漢字の下側の部分。「照」の「灬(れっか)」、「志」の「心(したごころ)」など。
・雨や雲、風などの動くようす。「細い雨の足」
・(足)過去の相場の動きぐあい。
快感(かいかん)・・・快(こころよ)い感じ。満ち足りた感じ。いい気持ち。
......は自分が苛立っていること自体に、苛立ちを感じていた。先ほどの鈴木の喋り方や態度は、特別にこちらを見下すものではなかったが、その説話を口にするかのような雰囲気が、生理的に、としか言いようがない漠然とした嫌悪感を与えてきた。足の多い昆虫や、けばけばしい色の植物を目撃したのに似た、不快感だ。 さらには、さも自分たちのほうが経験豊富だ、と訳知り顔でとうとうと喋る、目の前の夫婦が腹立たしかった。 怒りを鎮め、頭に冷静さを取り戻すために呼吸を整え、その後......
生理的な嫌悪感の表現・描写・類語(ものの性質・特徴のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「ものの性質・特徴」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
ものの性質・特徴 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分