TOP > 感情表現 > その他の気分

TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 雑念・思いが頭に浮かぶ


カテゴリ検索 単語の意味
朦朧とした写真の乾板かんぱん色の意識の板面に、(様々なイメージが去来する)
岡本かの子 / 金魚撩乱 ページ位置:43% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
ぼんやり・朦朧・ボーっとする 雑念・思いが頭に浮かぶ
しおりに登録する
朦朧(もうろう)・・・意識や視界、意味などがハッキリしないさま。ボーっとしていて、クリアでないさま。おぼろげなさま。ぼんやり。
......の存在は器用に分裂ぶんれつしたものだ」  もくもくの水の湧き上る渦の音を聞いて復一の孤独が一層批判の焦点しょうてんを絞り縮めて来た。  復一は半醒半睡はんせいはんすい朦朧もうろう状態で、仰向けに寝ていた。朦朧とした写真の乾板かんぱん色の意識の板面に、真佐子の白い顔が大きく煙る眼だけをつけてぽっかり現れたり、金魚のひれだけが嬌艶きょうえんな黒斑を振り乱して宙に舞ったり、秀江の肉体の一部が嗜味しみをそそる食品のように、なまなま......
ぼんやり・朦朧・ボーっとするの表現・描写・類語(その他の気分のカテゴリ)の一覧 ランダム5
麻酔のためにまだ頭がもうろうとしていた
松本 清張 / 与えられた生「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 amazon関連カテぼんやり・朦朧・ボーっとする麻酔
ぼんやりと体を覆っていたまどろみ
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
雑念・思いが頭に浮かぶの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「その他の気分」カテゴリからランダム5
「思考・頭の中の状態」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
その他の気分 の表現の一覧 
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分