TOP > 食べ物表現 > 山菜 > タラの芽


カテゴリ検索 単語の意味
たらの芽は天ぷらにするのが一番うまいという。(略)かすかに鼻をつく独特の香り、そして柔らかな舌ざわり、全く癖のない味、おまけに「たれ」が充分に染み込むからいかにも旨いものになる。もちろん、ごま和えも旨く、またおひたしも悪くない。
片岡 博 / 山菜記―随筆集 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
タラの芽
しおりに登録する
和える(あえる)・・・メインとなる食材に、調味料など味を加えるものを入れて混ぜ合わせること。ごちゃまぜにすること。
no data
タラの芽の表現・描写・類語(山菜のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「山菜」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
山菜 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分