TOP > 食べ物表現 > 料理(その他) > 外で食べる


カテゴリ検索 単語の意味
都会で、テーブルについて食べてはものたらなく感じるお料理でも、大平原の中で焚火を目の前にしてたべたら、これ以上おいしく満足するたべものはないと思われる
石井 好子「巴里の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 ページ位置:40% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
外で食べる
しおりに登録する
満足(まんぞく)・・・1.自分の思い通りになって、不満がないこと。これ以上注文のつけようがないこと。申し分がないこと。
2.十分なこと。完全なこと。
......舎料理だ」といった。その後、私はアメリカ製のカンづめで、そのポークアンドビーンズというのをたべた。それはとてもおいしくはなかったが、期待していたような味がした。都会で、テーブルについて食べてはものたらなく感じるお料理でも、大平原の中で焚火を目の前にしてたべたら、これ以上おいしく満足するたべものはないと思われるような味なのだ。上等なお料理ではないが、ポークアンドビーンズをたべるときは、いつも映画のシーンが目にうかんできて、人気もない平原の空には月が輝いて、あたりは静か......
外で食べるの表現・描写・類語(料理(その他)のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「料理(その他)」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
料理(その他) の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分