TOP > 風景表現 > >

TOP > 風景表現 > 水面・水中・水辺 > 池・湖・沼・水たまり

TOP > 風景表現 > 植物 > 蓮(はす)


カテゴリ検索 単語の意味
(不忍の池の枯れ蓮)漆のような黒い水に、枯れはすの茎や葉が一層くろぐろと水面に伏さっているのがのぞかれる。その起伏のさまは、伊香保の湯宿の高い裏欄干うららんかんからかみ毛野けのしも毛野けのわだかまる連山の頂上を眺め渡すようだった。そのはろばろと眺め渡して行く起伏の末になると、枯蓮の枯葉は少くなり、ただたわみ曲った茎だけが、水上の形さながらに水面に落す影もろとも、いろいろにゆがみを見せたOの字の姿を池に並べ重ねている。
岡本かの子 / 雛妓 ページ位置:14% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
池・湖・沼・水たまり 蓮(はす)
しおりに登録する
蟠る(わだかまる)・・・心配や不満などの気持ちで、心の中がスッキリしない。心の中がモヤモヤしてる。
撓む(たわむ)・・・まっすぐのものが力を加えられて、そり曲がった状態になる。
撓る・撓う(しなる・しなう)・・・1.弾力があるため、折れずに、そり曲がった状態になる。撓む(わたむ)。
2.頼りなさそうにナヨナヨする。自らを支える力もなさそうに弱々しくする。
遥遥・遥々(はるばる・はろばろ)・・・距離や時間、程度がかけ離れているさま。遠くまで範囲が広がっているさま。はるかに。
同じ漢字を重ねることで、語調を整えて意味を強めた表現。
起伏(きふく)・・・1.高くなったり低くなったりしていること。高低。
2.栄えたり衰えたり、色々変化すること。
欄干・闌干(らんかん)・・・人が落ちるのを防ぐための手すり。
姿・形・容・態・躰・體・軆・骵(すがた)・・・1.身体の形。からだつき。人のからだの格好。衣服をつけた外見のようす。
2.身なり。容姿。
3.目に見える、人の形。人の存在。
4.物の、それ自体の形。物一つ一つの全体的な印象。
5.物事のありさまや状態。事の内容を示す様相。
以下の文字は訓読みで、「すがた」と読める。
[形・容・態・躰・軆・體・骵]
......襖ふすまからの出入りの足を急いだ。  七時のときの鐘よりは八時の鐘は、わたくしの耳に慣れて来た。いまは耳に手を当てるまでもなく静に聞き過された。一枚開けた障子のすきから、漆のような黒い水に、枯れはすの茎や葉が一層くろぐろと水面に伏さっているのがのぞかれる。その起伏のさまは、伊香保の湯宿の高い裏欄干うららんかんからかみ毛野けのしも毛野けのわだかまる連山の頂上を眺め渡すようだった。そのはろばろと眺め渡して行く起伏の末になると、枯蓮の枯葉は少くなり、ただたわみ曲った茎だけが、水上の形さながらに水面に落す影もろとも、いろいろにゆがみを見せたOの字の姿を池に並べ重ねている。わたくしはむかし逸作がこの料亭での会食以前、美術学校の生徒時代に、彼の写生帳を見ると全頁ぜんページことごとくこの歪んだOの字の蓮の枯茎しか写生してないのを発見した。そしてわたく......
冬の表現・描写・類語(冬のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
池・湖・沼・水たまりの表現・描写・類語(水面・水中・水辺のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
蓮(はす)の表現・描写・類語(植物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「水面・水中・水辺」カテゴリからランダム5
「冬」カテゴリからランダム5
「植物」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
水面・水中・水辺 の表現の一覧 
冬 の表現の一覧 
植物 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分