TOP > 食べ物表現 > 魚料理・加工品 > たこ焼き・明石焼き


カテゴリ検索 単語の意味
外側はパリッと香ばしく、中はとろりと柔らかくて、タコの風味も立っている
そとがわはぱりっとこうばしく、なかはとろりとやわらかくて、たこのふうみもたっている
この表現が分類されたカテゴリ
たこ焼き・明石焼き
しおりに登録する
蛸・章魚(たこ)・・・1.タコ目(八腕類)、海にすむ8本足の軟体動物。とくに真蛸(まだこ)を指す。胴のように見える頭から、吸盤をもつ脚が直接生える。烏賊(いか)にある触腕は持たない。敵に襲われると煙幕のように拡がる墨を吐いて逃げる。イギリスでは「悪魔の魚」と呼ばれて避けられていた。食用。
2.(「蛸」の表記のみ)蛸胴突(たこどうつき)の略。土を固め、またくいを打ち込むのに使う道具。
3.(「蛸」の表記のみ)蛸配当(たこはいとう)の略。
no data
たこ焼き・明石焼きの味、おいしさを伝える表現・描写(魚料理・加工品のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「魚料理・加工品」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
魚料理・加工品 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分