TOP > 風景表現 > 天災・荒れた天気 > 嵐・台風・暴風雨


カテゴリ検索 単語の意味
家の前のくりの木の列は変に青く白く見えて、それがまるで風と雨とで今洗濯せんたくをするとでもいうように激しくもまれていました。
宮沢賢治 / 風の又三郎 ページ位置:94% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
嵐・台風・暴風雨
しおりに登録する
......らしました。 一郎は風が胸の底までしみ込んだように思って、はあと息を強く吐きました。そして外へかけだしました。 外はもうよほど明るく、土はぬれておりました。家の前のくりの木の列は変に青く白く見えて、それがまるで風と雨とで今洗濯せんたくをするとでもいうように激しくもまれていました。 青い葉も幾枚も吹き飛ばされ、ちぎられた青い栗のいがは黒い地面にたくさん落ちていました。空では雲がけわしい灰色に光り、どんどんどんどん北のほうへ吹きとばされて......
嵐・台風・暴風雨の表現・描写・類語(天災・荒れた天気のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「天災・荒れた天気」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
天災・荒れた天気 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分