TOP > 感情表現 > 安心する

TOP > 感覚表現 > 印象 > 儚い(はかない)・もろい


カテゴリ検索 単語の意味
人工的につくられた薄氷のような平和だった。いつ波をかぶって割れるか分らなかった。
松本 清張 / 与えられた生「松本清張ジャンル別作品集(3) 美術ミステリ (双葉文庫)」に収録 ページ位置:76% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
平和・心にゆとりがある 儚い(はかない)・もろい
しおりに登録する
......いくらかでもよかった。それだけでも画の仕事にとりかかれた。時間を気にして早く帰るのは束の間の平静を得たいからであり、仕事の破滅を喰いとめたいからであった。それは人工的につくられた薄氷のような平和だった。いつ波をかぶって割れるか分らなかった。 彼は雅子のもとから車を運転して帰るとき、いつも孝子の機嫌をあれこれと想像している自分が情なくなって嫌悪感に陥った。家に戻れば地獄だと思うと、このまま車でだれも......
「平和・心にゆとりがある」の表現・描写・類語(安心するのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
儚い(はかない)・もろいの表現・描写・類語(印象のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「安心する」カテゴリからランダム5
「印象」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
安心する の表現の一覧 
安心するのレベル
少し安心
とても安心
多くの感情は極限に達すると泣くにつながる
安心するの感覚、精神的な反応
安心するの表情、リアクション
その他の安心するの表現
次の文字を含む「安心する」の表現を検索
    安心  安ら  ほっと  
印象 の表現の一覧 
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分