光と影の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感覚の比喩 > 光と影の比喩表現

光と影の比喩を使った文章の一覧(279件)
犬の頭のように大きい懐中電灯
大江 健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
闇が澱んだ水のように重い
長野 まゆみ / 銀木犀 amazon
影が鋳込んだように濃い
日野 啓三 / 抱擁 amazon
ごく繊細な、ほんの黴のような
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
地を割って奈落の底に下りていくような暗さを増す道
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
目を突き刺されてもわからぬほどに暗い
トルストイ / トルストイ民話集 人はなんで生きるか 他四篇 amazon
完璧な闇が狡猾な水のように音もなく僕らを包んだ
村上 春樹 / ダンス・ダンス・ダンス(下) amazon
正午の日光の明るさは孔雀が羽翅(はね)を拡げたようである。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
やさしいかすかな音楽のような
松谷 みよ子 / 三つの色「童話・詩 全1冊 (松谷みよ子の本)」に収録 amazon
赤い煙るような門燈の光り
三島 由紀夫 / 金閣寺 amazon
コオルタールのような闇の中
林 芙美子 / 茶色の目「林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 (1952年)」に収録 amazon
小魚の腹がナイフのようにひらめいた
開高 健 / パニック・裸の王様 amazon
巨大な蕨さながらの背高の街灯
伊坂 幸太郎 / グラスホッパー amazon
あたりは墨を落したように暗かった。
檀一雄 / 花筐「花筐・光る道 他四編」に収録 amazon
トンネルのような廊下
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
南京玉をこぼしたように、そのさじきの帯をいろどるぼんぼり
永井竜男 / 風ふたたび「永井龍男全集 5 長篇小説 1」に収録 amazon
フィナーレの舞台のように明るく
河野多恵子 / たたかい
明け放った硝子戸の光線で、細君の顔が陶器の肌のように光っていた。
林 芙美子 / 夜猿「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
蝋のやうな艶の果物
丸谷 才一 / 横しぐれ amazon
薄日が軒先の物干し竿の影ごと、進藤の膝に射して、すぐ吸い取られるように消えた。
永井 龍男 / 冬の日「一個・秋・その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
柿の果ほどの電燈
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
国技館の丸屋根の灯は、王冠のように美しかった。
平林 たい子 / 桜「平林たい子全集 2」に収録 amazon
襖をたてると昼間でも黄昏のように暗い部屋だった。
林 芙美子 / 河沙魚「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
人家の灯火は雨に流れて、色硝子を砕いたような、光った水溜りの中へ、二人は膝をついた。
林 芙美子 / 軍歌「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
スプーンが朝の光でまぶしく、まるで兇器のやうにきらめいた
丸谷 才一 / 中年「丸谷才一全集 第三巻 「たった一人の反乱」ほか」に収録 amazon
苔蒸(こけむ)したる石燈筒の林のごとく列べる
内田 魯庵 / くれの廿八日「くれの廿八日 他一篇 (岩波文庫)」に収録 amazon
地上の全てのものはまるで首をすくめるように闇の中で沈黙していた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
心臓の鼓動にあわせるように、そのランプを点滅させつづけていた。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
薬指には婚約指輪が、バスの窓からの陽を受けて、溶けかかった雪のように輝いています。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
水面が陽光を受けて生き物のように照り返す。
中島 京子「小さいおうち (文春文庫)」に収録 amazon
淡い闇が風に吹かれる膜のように都市の上をさまよい流れていた
村上春樹 / 回転木馬のデッド・ヒート(タクシーに乗った男) amazon
木々の影が更紗のようにさざめいて
三島由紀夫 / 花ざかりの森 amazon
車のライトがねずみのように桟橋から失せる
伊集院静 / チヌの月「三年坂」に収録 amazon
四角い光を切り取って据えた様な縁側の明るさ
高樹のぶ子 / その細き道(遠すぎる友) amazon
その先に潜む闇は黄泉の国へ導く入り口のように力強い
本間千枝子 / たゆたう時間・避暑地のくらし「父のいる食卓」に収録 amazon
灯火がリンの燃えるように怪しい光を放って明滅する
国木田独歩 / まぼろし「武蔵野」に収録 amazon
闇はテントのように膨れ
三島由紀夫 / 花ざかりの森 amazon
ライトがボーっと霞んだ幕のように近づいてくる
ピート・ハミル(訳 常盤新平) / ブルックリン物語 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感覚を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分