肌の印象の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 肌の印象の比喩表現

肌の印象の比喩を使った文章の一覧(151件)
鞣(なめ)したように黒光りしている顔
藤沢 周平 / 三屋清左衛門残日録 amazon
白い肌がみずみずしい樹木のよう
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
皮膚が疲れたゴムのように皺ばむ
林 芙美子 / 晩菊・水仙・白鷺 amazon
初夏の陽を弾いて健康で稔り切った穀物のように実質的の男性を感じさせる。
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集 (第3巻)」に収録 amazon
顔は黒くまるで燻製のようである。
椎名 麟三 / 永遠なる序章 amazon
胸は抜けるように白かった。
川端 康成 / 眠れる美女 amazon
文楽のお人形のような妙にすべすべしたお顔
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (1974年) (井上靖小説全集〈1〉)」に収録 amazon
祖父は脚も顔も、くしゃくしゃに着古した絹の単衣物のように、大きな皺が一杯で、皮をつまみ上げると、そのまま元に戻らない。
川端 康成 / 十六歳の日記「伊豆の踊り子/十六歳の日記―ほか3編 (講談社文庫 か 2-2)」に収録 amazon
奉書紙のように肌が白い
円地 文子 / 女坂 amazon
銀次郎の女のような白い足
椎名 麟三 / 永遠なる序章 (1957年) amazon
のような腕を露わしている。
正宗白鳥(忠夫) / 何処へ amazon
皮膚が厚すぎる、白くて厚い、豚の顔みたいだ。
大江 健三郎 / セヴンティーン「性的人間 (新潮文庫)」に収録 amazon
明け放った硝子戸の光線で、細君の顔が陶器の肌のように光っていた。
林 芙美子 / 夜猿「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
町子の白い襟足が、寒々と眼に映った。それは、死にかけた白鳥の頸のように、寂しく、力がなかった。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
異人のように
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
赤土のような
田山 花袋 / 蒲団 amazon
琥珀のようになめらかだった淡い褐色の腹
石原 慎太郎 / 行為と死 (1967年) amazon
肌はほとんど白壁のように白い。
伊藤 整 / 火の鳥 (1958年) amazon
渋紙のような皮膚
堀田 善衛 / 鬼無鬼島 amazon
たしかに牛蒡(ごぼう)だった。芯まで黒そうで、痩せていた。
向田 邦子 / はめ殺し窓「思い出トランプ〈上〉 (大活字文庫)」に収録 amazon
羊皮紙のような神秘な白い色
岡本 かの子 / 老妓抄 amazon
白い象牙のようにすべらかな腹
石原 慎太郎 / 行為と死 (1967年) amazon
いつも香油で拭ったような潤いがあった。
岡本 かの子 / やがて五月に (1956年) amazon
渋を塗ったような頑丈な肌
白柳 秀湖 / 駅夫日記 amazon
濡れた絹のようなその肌
大原 富枝 / 婉という女 amazon
風呂から上ったように、つややかな血色のいい皮膚
林 芙美子 / 林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 amazon
のようにしんなりした肌
林 芙美子 / 河沙魚「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
あけびの実をわったような白い滑らかな肌
森田 たま / もめん随筆〈続〉 amazon
浴衣の袖がまくれて、肩がむき出しになり、案外薄暗い部屋の中では玉葱をむいたような肌に見えた。
林 芙美子 / 牛肉「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
コットン紙のような、乳色の肌
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
紙で作ったような乾燥しきった皮膚
村田 沙耶香「コンビニ人間」に収録 amazon
のように透明な体
川端康成 / 雪国 amazon
白く乾き鱗のように皮膚が剥けて
大江健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分