印象の比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 感覚の比喩 > 印象の比喩表現

印象の比喩を使った文章の一覧(97件)
部屋は死体安置所のように清潔だった
村上春樹 / ノルウェイの森 amazon
山が崩れて海が干上がるくらい可愛い
村上 春樹 / ノルウェイの森 下 amazon
高貴で端正で匂うように美しい
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
美しさに酔わされて身体が浮き出しそう
石坂 洋次郎 / 丘は花ざかり amazon
高く低く積まれた木の島の間を泳ぐ
干刈 あがた / しずかにわたすこがねのゆびわ amazon
幕をおろす直前のオペラのように
小林 信彦 / 世界でいちばん熱い島 amazon
沼に消える鬼火のように、いたってはかない存在
瀬戸内 寂聴 / 愛すること―出家する前のわたし amazon
新月のような浄(きよ)らか
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
殺気が爆風のように包む
武田 泰淳 / 風媒花 amazon
鉢の中の金魚を見るように涼しげ
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
春の庭のように勢いよく咲き誇り、それを過ぎると急速にしぼんでいった
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
軟体動物みたいにへんに柔軟で仲々へたばらず
北 杜夫 / パンドラの匣「北杜夫全集 第1巻 牧神の午後」に収録 amazon
絵にかいたようにハッキリと
安岡 章太郎 / 海辺の光景 amazon
雑木の紅葉の沁み入るような美しさ
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
どこにも暗い陰などのない真昼のようにはっきりした話
森田 たま / あぶら蝋燭「もめん随筆 (中公文庫)」に収録 amazon
牛が反芻するように、何度も、舌で(印象を)味わってみた。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
駱駝に乗って、広い沙漠を行くような、頼りない空虚な思い
林 芙美子 / 松葉牡丹「林芙美子傑作集 (1951年) (新潮文庫〈第201〉)」に収録 amazon
山全体が夢見るような多彩な美しさでした。
井上 靖 / 猟銃「猟銃・闘牛 (新潮文庫)」に収録 amazon
この古い押し花のにおいのするような奥ゆかしい日記
堀 辰雄 / 更級日記「更級日記など」に収録 amazon
道化師のように愛嬌のある医師
徳永 直 / 太陽のない街 amazon
まるでグラスを持つ手までがすきとおってしまいそうなほどの澄んだ冷たい水
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の感覚を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分