服装・身なりの比喩表現の例文 一覧

日本語表現インフォ > 比喩表現の一覧 > 人物の比喩 > 服装・身なりの比喩表現

服装・身なりの比喩を使った文章の一覧(148件)
罪人のようにオーバーの襟に顔を埋める
高橋 和巳 / 我が心は石にあらず amazon
しゅうしゅうと泣くように鳴る博多帯をきゅっと結ぶ
宮尾 登美子 / 楊梅(やまもも)の熟れる頃 amazon
ドレスの裾がこうもり傘のように広がる
山田 詠美 / ハーレムワールド amazon
お釜を逆さに伏せたような山高帽子
胡桃沢 耕史 / ごきぶり商事痛快譚 (1) amazon
これから吹雪の中に出ていく人のように、帽子をしっかりとかぶり直し
村上 春樹 / 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 amazon
教室の黒板のように広い
村上 春樹 / 1Q84 BOOK 1 amazon
人形のような花嫁ぶり
阿川 弘之 / 夜の波音 amazon
白い画用紙を切り抜いたような麻のスーツ
永井竜男 / 永井龍男全集 5 長篇小説 1 amazon
わかめのような
外村 繁 / 澪標 amazon
向日葵のような大仰な帽子
三島 由紀夫 / 午後の曳航 amazon
太い棍棒のようなステッキをついて
尾崎 士郎 / 人生劇場 青春篇 amazon
羽衣のような衣装
高見 順 / 如何なる星の下に amazon
薄い霞(かすみ)のような衣服
永井 荷風 / あめりか物語 amazon
のように細い金の首輪
川端 康成 / 眠れる美女 amazon
ドラ焼を叩きつけたような帽子
獅子 文六 / てんやわんや amazon
風が強いので疲れたネクタイが眼の前を鰻のような皺の寄りかたで泳いでいた
林 芙美子 / 茶色の目「林芙美子全集〈第15巻〉茶色の目 (1952年)」に収録 amazon
里い山高帽、チョビ髭-まるでチャップリンが出世をしたような男である。
岩田 豊雄 / 沙羅乙女「獅子文六作品集〈第4巻〉沙羅乙女・信子 (1958年)」に収録 amazon
羽衣のような、透けた水色のネグリジェ
富岡 多恵子 / 幸福「富岡多恵子集〈3〉小説(2)」に収録 amazon
相撲取りの化粧まわし見たような前掛け
柳田 国男 / 清光「柳田国男 (ちくま日本文学全集)」に収録 amazon
しめなわのような浜縮緬の兵古帯(へこおび)をした男
林 芙美子 / 耳輪のついた馬「風琴と魚の町/清貧の書 (新潮文庫 は 1-4)」に収録 amazon
黒い折り鞄(かばん)は、仔豚ほどにいつもふくれ上っている。
永井 龍男 / 朝霧「朝霧・青電車その他 (講談社文芸文庫)」に収録 amazon
薬指には婚約指輪が、バスの窓からの陽を受けて、溶けかかった雪のように輝いています。
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon
バスの車掌のような黒い革の鞄
中島 京子「小さいおうち (文春文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
その他の人物を表す比喩表現
比喩表現のカテゴリ
表現の大区分