店・建物の佇まい・外観の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 家・建物 > 店・建物の佇まい・外観


カテゴリ検索 単語の意味
店・建物の佇まい・外観の表現・描写・類語
軒先には風で回転する古い立看板が出ていて、「古書買取・誠実査定」の文字が躍っている
三上 延 / ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ amazon
(個人経営の古本屋)本で作られた洞穴のような店内
三上 延 / ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ amazon
シャッターが古びた厚紙のようにそりかえる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
礼拝堂のシルエットが棺のように黒い
加賀 乙彦 / フランドルの冬 amazon
氷屋が砂漠の緑地のようにわずかに涼しく眺められる。
水上 瀧太郎 / 山の手の子「俤 (百年文庫)」に収録 amazon関連カテ
まるで軍艦みたいな建物がふえている。
林芙美子 / 馬の文章「(003)畳 (百年文庫)」に収録 amazon
(コンビニ)光る白い水槽のような店
村田 沙耶香「コンビニ人間」に収録 amazon
昔っぽい風情の駄菓子屋が凜としたたたずまい
川上 未映子「乳と卵(らん) (文春文庫)」に収録 amazon
鼠の巣のような店
宮本百合子 / 伸子 青空文庫
一階部分が開放された大きな建物があった。これがピロティ。
朝井 リョウ / 破りたかったもののすべて「もういちど生まれる (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
何の気どりもなく、てらいもない店
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 amazon
暖簾が掛かっているのは営業中を意味する
池波 正太郎「むかしの味 (新潮文庫)」に収録 amazon
桃色の練菓子に緑の刻みを入れたような一掴みの建物だ。
岡本かの子 / 巴里のキャフェ――朝と昼―― 青空文庫
圧しつけるような暗い建築の陰影
梶井基次郎 / 冬の日 青空文庫関連カテ
豚小屋のような店
林芙美子 / 新版 放浪記 青空文庫
砂浜の小さな破船のような茶屋
林芙美子 / 新版 放浪記 青空文庫
薄暗い鉄格子のはまった事務室
林芙美子 / 新版 放浪記 青空文庫
装飾用の洒落たレンガ
村上春樹 / 双子と沈んだ大陸「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon
類似・関連の強い・参考になる表現
古い建物の佇まい
同じカテゴリの表現一覧
家・建物 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分