夕焼けの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 時間帯(朝・昼・夜) > 夕焼け


カテゴリ検索 単語の意味
夕焼けの表現・描写・類語
体の中に真っ赤な夕焼けを感じる
吉行淳之介 / 砂の上の植物群 amazon
夜の気配が血のような残照に染まる
光瀬龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
空が穏やかな薄い紫ににじみ出るようなわずかの金色を湛える
大庭みな子 / 桟橋にて「三匹の蟹」に収録 amazon
暑気に濁ったような暮れなずんだ空が、白さを残して広がる
連城三紀彦 / 一夜「日曜日と九つの短篇」に収録 amazon
雑木林が黒い塊となって夕焼けの美しさを引き立てる
遠藤周作 / 尺八の音「何でもない話」に収録 amazon
遥か東南の雨もよいの夕空が一面、加賀の赤梅いろのように染まった
岡本 かの子 / 落城後の女「岡本かの子全集〈4〉 (ちくま文庫)」に収録 amazon
からだごと燃え立つような夕焼空
竹西 寛子 / 草原の歌「長城の風」に収録 amazon
恐ろしい夕焼けを見た。  一生、忘れない。  あの日の円盤に匹敵するすごさだった。心動かされた。生きていたのだ。  時間は生き物だ。  何の気なしに私たちは街中を歩いていた。南国のように透明で乾いた陽ざしが、オレンジを帯びつつあった。赤い空に、暗い町並みは影絵のように浮かびあがっていた。  しかしそれはほんの序曲だった。  私たちは普段、東京で夕空を見るとき「あっちの、はるか遠いほうで、何かきれいなことをやっているな」と思う。  TVの画面を見るように、パンフレットの絵画を見るように。  でも、それから数分間の間に見たことは全然違った。  手で触れるかと思った。  透明で、赤く柔らかで、巨大なエネルギーが、町や空気の目に見えない壁を通りぬけて押してくるような迫力だった。息苦しいほどの、生々しさだった。  一日は一日を終えるとき、何か大きくて 懐かしくて怖いほど美しいことをいちいち見せてから舞台を去っていくのだ、と思い知った。実感した。  町に、自分にしみ込んでくる。なめらかに溶けて、したたり落ちる。  そういう赤が刻々と色を変え、オーロラのように展開していく。  もっとも美しく透きとおったロゼのワインや、愛妻の頰の赤、そういったもののエッセンスが、西のほうからめくるめくスピードでぜいたくに迫ってきた。  路地のひとつひとつが、ひとりひとりの人の顔が。赤く照らされては満たされていく、激しい夕焼けだった。
吉本 ばなな「アムリタ〈上〉 (新潮文庫)」に収録 amazon
同じカテゴリの表現一覧
時間帯(朝・昼・夜) の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分