強風・暴風の表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > > 強風・暴風


カテゴリ検索 単語の意味
強風・暴風の表現・描写・類語
烈風が街路を大波のように吹き過ぎる
光瀬 龍 / 百億の昼と千億の夜 amazon
風が赤い太陽を海に吹き落としそう
倉橋 由美子 / 倉橋由美子の怪奇掌篇 amazon
右に左に、木々は首を振って、枯れた木の葉を散らし続ける。
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 amazon
沈黙。雨音。  ごうごう大げさに吹きゆく風。
吉本 ばなな「N・P (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ雨の音黙る・沈黙
(樹木が)まるで痒みに耐えかねる犬のようにその身をくねらせ
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ風を受ける
雲のかけらが目つきの悪い密使のように大急ぎで空をかけぬけ
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ雲の流れ
アパートのベランダでは何枚かのシャツが置き去りにされた孤児のようにビニールのロープにぐるぐると巻きついてしがみついていた。
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ洗濯物はためく・翻る
じっと耳を澄ましているとほんのわずかの風の切れめから女の声らしきものがちらりと聞こえたような気がしたが、それもあるいは僕の錯覚かもしれなかった。
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ風の音よく聞こえない・不明瞭な音
白いシーツが草の根を煮たてている 呪術師 のような格好で東から西に向って飛んでいった。
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ風に飛ばされる
ぺらぺらとした細長いブリキの看板は肛門性愛の愛好者のようにそのひ弱な 脊椎 をのけぞらせていた。
村上春樹 / ローマ帝国の崩壊・一八八一年のインディアン蜂起・ ヒットラーのポーランド侵入・そして強風世界「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon関連カテのけぞる・反り返る風を受ける
類似・関連の強い・参考になる表現
嵐・台風・暴風雨
同じカテゴリの表現一覧
風 の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分