TOP > 感覚表現 > 印象 > 儚い(はかない)・もろい


カテゴリ検索 単語の意味
もう一度名前を呼んだら、線香の上にたまった灰が少しの風でくずれ落ちるように、声の響きでほろほろとかき消すようにあのいたいけな姿はなくなってしまうのではないだろうか。
有島武郎 / 或る女(後編) ページ位置:71% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
儚い(はかない)・もろい
しおりに登録する
ほろほろ・・・1.涙や葉っぱ、花びらなど、小さなものが次々と静かに零れ落ちるさま。
2.山鳥の泣き声などが断続的に聞こえてくるさま。「山鳥がほろほろと鳴く」
姿・形・容・態・躰・體・軆・骵(すがた)・・・1.身体の形。からだつき。人のからだの格好。衣服をつけた外見のようす。
2.身なり。容姿。
3.目に見える、人の形。人の存在。
4.物の、それ自体の形。物一つ一つの全体的な印象。
5.物事のありさまや状態。事の内容を示す様相。
以下の文字は訓読みで、「すがた」と読める。
[形・容・態・躰・軆・體・骵]
......沈黙を破りたいばかりにこう呼んでみた。貞世は返事一つしなかった。……葉子はぞっとした。貞世はああしたままで通り魔にでも魅いられて死んでいるのではないか。それとももう一度名前を呼んだら、線香の上にたまった灰が少しの風でくずれ落ちるように、声の響きでほろほろとかき消すようにあのいたいけな姿はなくなってしまうのではないだろうか。そしてそのあとには夕闇に包まれた苔香園の木立ちと、二階の縁側と、小さな机だけが残るのではないだろうか。……ふだんの葉子ならばなんというばかだろうと思うような事を......
儚い(はかない)・もろいの表現・描写・類語(印象のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「印象」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
印象 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分