かさぶただらけの膝小僧

の表現・描写・類語

TOP > 人物表現 > >


カテゴリ検索 単語の意味
......遠くに砂けむりが立ちこめて、冷や汗が体温と太陽でぬるまって生暖かく身体の表面を流れ落ちてまた走った。汗ばんだ額に張り付く一筋の前髪、土がなかに入って黒ずんだ爪、かさぶただらけの膝小僧、細かな砂のついたまつ毛、すべてが汗の膜につつまれてぐんなりと心地良い。 野生の運動場のような場所に出て派手に転び、また新しい傷を作る。抜けるような青空、大ざっ......
綿矢 りさ / 仲良くしようか「勝手にふるえてろ (文春文庫)」に収録 ページ位置:65% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

膝小僧(ひざこぞう)・・・膝の関節の前の部分。膝頭(ひざがしら)。語源は、烏摩勒伽(うまろきゃ)という夜叉の膝に、小象(小僧ではなく)がついているからとか、膝頭を小僧の頭にたとえたなどといわれる。

次のカテゴリに分類されています。
膝の表現・描写・類語(足のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「足」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
足 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分