TOP > 風景表現 > 雨・霧 > 小雨・静かな雨・春の雨


カテゴリ検索 単語の意味
雨は真夜中過ぎに降り始め、夜が明けるまで休みなく降りつづけた。春の大地を黒く湿らせ、その下に潜む名もなき生き物たちを静かに鼓舞するやさしく柔らかな雨だった。
村上春樹「スプートニクの恋人 (講談社文庫)」に収録 ページ位置:14% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
小雨・静かな雨・春の雨
しおりに登録する
......」 そして彼女は話し始めた。従姉の結婚式のこと、ミュウと食べた青山のレストランのランチのこと。たしかにずいぶん長い話だった。3 結婚式の翌日の月曜日は雨だった。雨は真夜中過ぎに降り始め、夜が明けるまで休みなく降りつづけた。春の大地を黒く湿らせ、その下に潜む名もなき生き物たちを静かに鼓舞するやさしく柔らかな雨だった。 もう一度ミュウに会えるのだと思うと胸がざわめいて、何をしてもうまく手につかなかった。まるで丘のてっぺんに立って風に吹かれているみたいな気持ちだ。机の前に座り煙......
小雨・静かな雨・春の雨の表現・描写・類語(雨・霧のカテゴリ)の一覧 ランダム5
煙のような雨
雫井 脩介「火の粉 (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
納豆の糸のような雨
小林多喜二 / 蟹工船
あくびが出るような雨
村上 春樹 / 1973年のピンボール amazon
このカテゴリを全部見る
「雨・霧」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
雨・霧 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分