TOP > 人物表現 > 歩く・歩き方 > 軽快・軽やかな足取り


カテゴリ検索 単語の意味
春に浮かれる蝶のようにひらひらと町を歩く
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団 (〔正〕) (文春文庫 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
軽快・軽やかな足取り
しおりに登録する
(ちょう)・・・1.鱗翅目(りんしもく[=ガやチョウなど])の昆虫でガ以外のものを総称。四枚の大きな羽を羽ばたかせひらひらと昼間に飛ぶ。止まった時の羽を直立して閉じる、口先がらせん状になっているなどガと区別する。ただし、生物学的には明確な違いはない。主に昼間活動する。ひらひらと飛ぶ様子は死者の魂に結び付けられることもある。古名で「かわひらこ」という。
2.紋所の名。1の蝶をかたどったもの。
no data
軽快・軽やかな足取りの表現・描写・類語(歩く・歩き方のカテゴリ)の一覧 ランダム5
歩き方もサッサッと若い人のようだ。
石井 好子「東京の空の下オムレツのにおいは流れる (河出文庫)」に収録 amazon
春に浮かれる蝶のようにひらひらと町を歩く
阿久 悠 / 瀬戸内少年野球団 (〔正〕) (文春文庫 amazon
このカテゴリを全部見る
「歩く・歩き方」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
歩く・歩き方 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分