TOP > 暮らしの表現 > 暮らし・生活 > だらだら暮らす


カテゴリ検索 単語の意味
惚けのように暮らしていた
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 ページ位置:64% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
だらだら暮らす
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......を恩人だと言っていた。吉川販売店で働いていた安西を北関に引き抜いたそうですね」 図書館で末次から聞いた話だった。 衝立岩で遠藤貢を亡くした安西は、しばらくの間、惚けのように暮らしていたという。多くの山屋がそうであるように、もともとが定職を持たず、アルバイトで食いつなぐ生活を長くしていた。四畳半一間のボロアパート。親の反対を押し切り、家出同然で......
単語の意味
惚ける・耄ける・呆ける(ほうける)
惚ける・耄ける・呆ける・・・思考が鈍くなる。頭がボーっとする。
ここに意味を表示
だらだら暮らすの表現・描写・類語(暮らし・生活のカテゴリ)の一覧 ランダム5
借りてきた映画を観ることだけで暮らしていた日々のあの生温かい停滞のなかへ、もう一度もどりたい
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
飼い猫のようにだらりとした生活
阿佐田 哲也 / 麻雀放浪記〈1〉青春篇 amazon
このカテゴリを全部見る
「暮らし・生活」カテゴリからランダム5
滝に打たれて信者が〔みそぎ〕をおこなう
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ修行、自分磨きの暮らし(日々)
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
暮らし・生活 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分