TOP > 人物表現 > 男性・女性 > 魔性の女


カテゴリ検索 単語の意味
つまんだ程の顎尖あごさきから、丸い顔の半へかけて、人をたばかって、人はむしろそのたばかられることをよろこぶような、上質の蠱惑こわくの影が控目にさしのぞいている。
岡本かの子 / 雛妓 ページ位置:84% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
魔性の女
しおりに登録する
蠱惑(こわく)・・・神秘的な魅力で人の心をひきつけて、惑わすこと。
......人目に触れずしてかつ降り、かつ消えてはまた降り積む、あの北地の奥のしら雪のように、その白さには、その果敢はかなさの為めにかえってゆるめようもない究極のつよい張りがあった。つまんだ程の顎尖あごさきから、丸い顔の半へかけて、人をたばかって、人はむしろそのたばかられることをよろこぶような、上質の蠱惑こわくの影が控目にさしのぞいている。澄していても何となく微笑のおもかげがあるのは、豊かだがういういしい朱の唇が、やや上弦の月に傾いているせいでもあろうか。それは微笑であるが、しかし、微笑以前の微笑である......
魔性の女の表現・描写・類語(男性・女性のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「男性・女性」カテゴリからランダム5
押すかさわるかの、いささかの力でピチッとかかってしまう錠のように、圭子は夫の良造とは二十年前何の理窟もなく相寄って一個となり
平林 たい子 / 鬼子母神「筑摩現代文学大系 (41) 平林たい子・円地文子集 地底の歌 こういう女 嘲る 盲中国兵 鬼子母神 私は生きる 花散里 ひもじい月日 くろい紫陽花 男のほね 妖 二世の縁 他」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
男性・女性 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分