TOP > 人物表現 > 目・瞳 > 目をこする

TOP > 風景表現 > 火・煙・灰 > 煙・スモーク


カテゴリ検索 単語の意味
けむりの中で泣いて眼をこすったもんですから眼のまはりが黒くなってちょっと小さなたぬきのやうに見えました。
宮沢賢治 / ひかりの素足 ページ位置:16% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
目をこする 煙・スモーク
しおりに登録する
狸・貍(たぬき)・・・1.イヌ科の哺乳動物。目の周りにふちがあり尾は太い。毛色は普通は茶褐色で、四肢は黒。雑食。人間に化けたり腹鼓を打つと伝えられている。
2.とぼけた顔をしながら実際には悪賢いこと。人を自分の思うとおり操りずるいこと。また、その人。「狸じじい」「狸ばばあ」などという。
3.てんぷらの上げかすを種に入れたうどんやそばのこと。
4.「狸寝入り(たぬきねいり)」の略。
......たが、この時やっと云ひました。 「なあに風の又三郎など、っかなぐなぃ。いっつも何だりかだりって人だますぢゃぃ。」  楢夫もやうやく泣きじゃくるだけになりました。けむりの中で泣いて眼をこすったもんですから眼のまはりが黒くなってちょっと小さなたぬきのやうに見えました。  お父さんはなんだか少し泣くやうに笑って 「さあもうひとがへりつら洗なぃやなぃ。」と云ひながら立ちあがりました。       二、峠  ひるすぎになって谷川の......
目をこするの表現・描写・類語(目・瞳のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
煙・スモークの表現・描写・類語(火・煙・灰のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「火・煙・灰」カテゴリからランダム5
「目・瞳」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
火・煙・灰 の表現の一覧 
目・瞳 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分