複雑な気持ちの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 感情表現 > 複雑な気持ち(二つ以上の感情が混ざった心境) > 複雑な気持ち


カテゴリ検索 単語の意味
複雑な気持ちの表現・描写・類語
名付けようもない様々な感情は居場所のみつからぬままどこかに消えて
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
胸に奇妙な満足と哀れみの混交した感情が揺れる。
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon
あらゆる感覚が次々と打ち上げられる花火のように炸裂する。
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon関連カテ気持ちが高まる・こみ上げる
幾つもの感情が、一時に殺到して彼の胸に溢れた。
平野 啓一郎「マチネの終わりに (文春文庫)」に収録 amazon
江口は嬉しさと苦さを半分ずつ味わった。
向田邦子 / はめ殺し窓「思い出トランプ(新潮文庫)」に収録 amazon
私は 淡い一種の 恐怖 と淡い一種の得意とを感じていた。
志賀 直哉 / 母の死と新しい母「城の崎にて・小僧の神様 (角川文庫)」に収録 amazon関連カテ「喜び」 + 「他の感情」「恐怖」 + 「他の感情」
帰りたくもあり、帰りたくもなし、そういう 曖昧 な気持
直哉, 志賀「暗夜行路 (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ心の葛藤
あと 23 個の表現が登録されています
ログインして全部見る
同じカテゴリの表現一覧
複雑な気持ち(二つ以上の感情が混ざった心境) の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
感情表現 大カテゴリ
表現の大区分