くら螺鈿らでんを、まばゆく日にきらめかせながら鞭をも加へず悠々と、粟田口を指して行く

乗馬 の表現・描写・類語

TOP > 暮らしの表現 > スポーツ > 乗馬


カテゴリ検索 単語の意味
......動かすのさへ、鮮かに、それと、影を街道に落してゐる。東山の暗い緑の上に、霜に焦げた天鵞絨びろうどのやうな肩を、丸々と出してゐるのは、大方、比叡ひえいの山であらう。二人はその中にくら螺鈿らでんを、まばゆく日にきらめかせながら鞭をも加へず悠々と、粟田口を指して行くのである。 「どこでござるかな、手前をつれて行つて、やらうと仰せられるのは。」五位が馴れない手に手綱をかいくりながら、云つた。 「すぐ、そこぢや。お案じになる程......
芥川龍之介 / 芋粥 ページ位置:43% 作品を確認(青空文庫)
しおりに登録する


次のカテゴリに分類されています。
乗馬
乗馬の表現・描写・類語(スポーツのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「スポーツ」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
スポーツ の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分