TOP > 食べ物表現 > > お寿司


カテゴリ検索 単語の意味
この店の鮨が好きなのは、種と飯とのぐあいがちょうどよくて、飯の炊き方が好みに合っているからだ。
池波 正太郎「むかしの味 (新潮文庫)」に収録 ページ位置:9% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
お寿司
しおりに登録する
......くなった四世中村時蔵に嫁ぎ、現歌舞伎俳優の若手である五世中村時蔵・信二郎の二人の母となった。 だから、いまの若主人にとって、時蔵・信二郎は従弟にあたる。 私が、この店の鮨が好きなのは、種と飯とのぐあいがちょうどよくて、飯の炊き方が好みに合っているからだ。 つまり、むかしの味がするからだろう。〔新富寿し〕が、いかに客へ対して良心的であるかということは、鮨を食べて勘定をはらってみれば、たちどころにわかる。いや、わか......
お寿司の味、おいしさを伝える表現・描写(米のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「米」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
米 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分