TOP > 人物表現 > 心の交流・意思の疎通 > いい子ぶる・猫をかぶる


カテゴリ検索 単語の意味
「ボス」の前だからだろう、悠木が入室した瞬間こそ怪訝な表情を見せたが、日ごろの癇癪玉が噓のような和やかな顔だ。
横山 秀夫「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」に収録 ページ位置:32% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
いい子ぶる・猫をかぶる
しおりに登録する
癇癪(かんしゃく)・・・怒りっぽい性格。また、その怒り。
和やか(なごやか)・・・気持ちがやわらいでいるさま。おだやか。
......移された。 部屋には、その車椅子の白河と秘書係の高木真奈美、そして十人ほどが座れそうなラウンドソファに追村次長がいた。「まあ、座れよ」 追村が軽い調子で言った。「ボス」の前だからだろう、悠木が入室した瞬間こそ怪訝な表情を見せたが、日ごろの癇癪玉が噓のような和やかな顔だ。「これが悠木です。少し前に話しましたよね」 追村が愉快そうに言った。 白河の目も笑っていた。「知ってるさ。俺が編集局長をやってる時に入ってきたボクだ」「いま、例......
いい子ぶる・猫をかぶるの表現・描写・類語(心の交流・意思の疎通のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「心の交流・意思の疎通」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
心の交流・意思の疎通 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分