TOP > 人物表現 > 性格・態度 > 偽善者・裏の顔・本性

TOP > 人物表現 > 心の交流・意思の疎通 > いい子ぶる・猫をかぶる


カテゴリ検索 単語の意味
狡猾こうかつになるのも卑劣になるのも表裏二枚合せの護身服を着ける
夏目漱石 / 吾輩は猫である ページ位置:38% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
偽善者・裏の顔・本性 いい子ぶる・猫をかぶる
しおりに登録する
狡猾(こうかつ)・・・自分だけ得しようと、こっそりと卑怯な手段をとること。ずる賢いこと。また、そのさま。
......たら猫食いと思えとは吾輩も多々良君の御蔭によって始めて感得した真理である。世に住めば事を知る、事を知るは嬉しいが日に日に危険が多くて、日に日に油断がならなくなる。狡猾こうかつになるのも卑劣になるのも表裏二枚合せの護身服を着けるのも皆事を知るの結果であって、事を知るのは年を取るの罪である。老人にろくなものがいないのはこの理だな、吾輩などもあるいは今のうちに多々良君のなべの中で玉葱たまねぎと共に成仏じょうぶつ......
偽善者・裏の顔・本性の表現・描写・類語(性格・態度のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
いい子ぶる・猫をかぶるの表現・描写・類語(心の交流・意思の疎通のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「性格・態度」カテゴリからランダム5
「心の交流・意思の疎通」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
性格・態度 の表現の一覧 
心の交流・意思の疎通 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分