TOP > 食べ物表現 > 和菓子 > くずきり


カテゴリ検索 単語の意味
まな板の上でトントンときしめんぐらいの幅に切ったのを、氷のぶっかきを浮かべた冷たい水に入れて持ってくる。それを濃い蜜の液の中に放り込んで食べるのだが、夏の菓子としてこんなに涼しいものは他にあるまい。
まないたのうえでとんとんときしめんぐらいのはばにきったのを、こおりのぶっかきにうかべたつめたいみずにいれてもってくる。それをこいみつのえきのなかにほうりこんでたべるのだが、なつのかしとしてこんなにすずしいものはほかにあるまい。
小島政次郎 / 吟味手帳 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
くずきり
しおりに登録する
打っ欠き(ぶっかき)・・・氷を砕いて小さくしたもの。かちわり。
no data
くずきりの味、おいしさを伝える表現・描写(和菓子のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「和菓子」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
和菓子 の味・おいしさの表現の一覧 
食べ物表現 大カテゴリ
表現の大区分