TOP > 暮らしの表現 > 乗り物 > 電車・汽車


カテゴリ検索 単語の意味
電車はタタ、カタタと揺れて、暖かい日光にかがやいている、東京と横浜とのあいだをつなぐ雑然とした風景のあいだを疾駆する。
宮本百合子 / 伸子 ページ位置:34% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
電車・汽車
しおりに登録する
雑然(ざつぜん)・・・いろいろなものが交じり合って整ってないさま。「然」は他の語の後ろに付いて、状態をあらわす字。
風景(ふうけい)・・・自然の景色。目の前に広がる眺め。その場の情景。
日光(にっこう)・・・日の光。大陽光線。
......。  桜木町行の電車はすいていた。彼らと向い合って、外国商会に勤めているらしい中年の道楽者らしい男と、三十二三の夫人、あと数人の男が乗り合せているばかりであった。電車はタタ、カタタと揺れて、暖かい日光にかがやいている、東京と横浜とのあいだをつなぐ雑然とした風景のあいだを疾駆する。  佐々は、ポケットから小さいノオトを出して見ていた。暫くして伸子は訊いた。 「何時?」 「――さあ、まだ二時ぐらいなものだろう」  彼は、時計を出した。 「ほう、十分過......
電車・汽車の表現・描写・類語(乗り物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「乗り物」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
乗り物 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分