TOP > 風景表現 > 店・施設 > 納屋・倉庫・物置

TOP > 感覚表現 > 印象 > 儚い(はかない)・もろい


カテゴリ検索 単語の意味
もたれかかった途端にあっさり崩れ落ちてしまいそうな雨ざらしの納屋
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 ページ位置:7% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
納屋・倉庫・物置 儚い(はかない)・もろい
しおりに登録する
......在しなかった。何軒かの農家と僅かな畑、ざりがにだらけの川、単線の郊外電車とあくびの出そうな駅、それだけだ。大抵の農家の庭先には何本か柿の木が植えられ、庭の隅にはもたれかかった途端にあっさり崩れ落ちてしまいそうな雨ざらしの納屋があり、線路に面した納屋の壁にはちりがみか石鹼の、けばけばしいブリキの広告板が打ちつけられていた。実にそんな土地だった。犬さえもいなかったわ、と直子は言った。 ......
納屋・倉庫・物置の表現・描写・類語(店・施設のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
儚い(はかない)・もろいの表現・描写・類語(印象のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「印象」カテゴリからランダム5
「店・施設」カテゴリからランダム5
むかしの東京の汁粉屋というものの匂いが、そのまま残っている
池波 正太郎「食卓の情景 (新潮文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
印象 の表現の一覧 
店・施設 の表現の一覧 
感覚表現 大カテゴリ
表現の大区分