TOP > 風景表現 > 店・施設 > 漁港・波止場


カテゴリ検索 単語の意味
(夜の港)舷の触れ合う音、とも綱の張る音、睡たげな船の灯、すべてが暗く静かにそして内輪で、なごやかな感傷を誘った。
梶井基次郎 / 冬の蠅 ページ位置:91% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
漁港・波止場
しおりに登録する
感傷(かんしょう)・・・心を痛めること。心が感じやすく、傷つきやすいこと。
内輪(うちわ)・・・1.内部または家族とごく近い親類の者。外部の者を交えないこと。内内(うちうち)。身内。
2.外部には知らせない内部の事情。内幕(うちまく)。内裏(うちうら)。内緒(ないしょ)。
3.実際より小さめ(少なめ)なこと。特に、数量や金額などを控えめにすること。また、そのさま。「内輪に見積もる」
4.つま先を内側に向けて歩くこと。また、その足。内鰐(うちわに)。内股(うちまた)。 ⇔ 外輪(そとわ)。
......を払ったまま、港のありかをきいて外へ出てしまったのである。  私は近くの沖にゆっくり明滅している廻転燈台の火を眺めながら、永い絵巻のような夜の終わりを感じていた。舷の触れ合う音、とも綱の張る音、睡たげな船の灯、すべてが暗く静かにそして内輪で、なごやかな感傷を誘った。どこかに捜して宿をとろうか、それとも今の女のところへ帰ってゆこうか、それはいずれにしても私の憎悪に充ちた荒々しい心はこの港の埠頭ふとうで尽きていた。ながい間私はそこに......
漁港・波止場の表現・描写・類語(店・施設のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「店・施設」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
店・施設 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分