TOP > 風景表現 > 室内のようす > 地下室・地階


カテゴリ検索 単語の意味
(病院の地下室)薄暗い裸電球が鉄管のむきだした天井にポツン、ポツンと点っている。むかしはこの地下室に病院付属の売店や喫茶室があったのだが、今はそうした部屋も 埃 だらけにうち捨てられ、空襲のあった場合の患者退避所に使われている。
遠藤 周作「海と毒薬 (角川文庫)」に収録 ページ位置:91% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
地下室・地階
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......と憎しみとのまじりあった気持を感じながら心の中でそう、呟いた。 昇降機が地下室にとまるとノブは二人の間におかれた担架車の柄を握ってつめたい廊下に曳きずり出した。薄暗い裸電球が鉄管のむきだした天井にポツン、ポツンと点っている。むかしはこの地下室に病院付属の売店や喫茶室があったのだが、今はそうした部屋も埃だらけにうち捨てられ、空襲のあった場合の患者退避所に使われている。 死体置場は廊下の突きあたりにあるのでノブが担架車をそちらに向けた時、今まで黙って後から監督していた大場看護婦長が、「反対側です。上田さん」とおさえつけるように......
ここに意味を表示
地下室・地階の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
何もないがらんとした部屋
林芙美子 / 新版 放浪記
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分