蛍光灯・屋内のあかりの表現・描写・類語

日本語表現インフォ > 風景表現 > 室内のようす > 蛍光灯・屋内のあかり


カテゴリ検索 単語の意味
蛍光灯・屋内のあかりの表現・描写・類語
電球の球は堅い蕾のように《…略…》光沢なく点っている。
葛西 善蔵 / 悪魔「葛西善蔵全集〈第1巻〉 (1974年)」に収録 amazon
部屋のブラインドからは暖かそうな黄色い光がこぼれている。
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
壁は暖かい色の明かりのせいで、うすく焼き色のついたバターみたいな色をしている。
綿矢 りさ「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ暖色
(裸電球)赤黄色く光る硝子球
夢野久作 / ドグラ・マグラ 青空文庫
象舎の中には 煌々 と灯りがともっていた
村上春樹 / 象の消滅「パン屋再襲撃 (文春文庫)」に収録 amazon
明かりをつけて、やっと空気が動き出したその部屋の中
吉本 ばなな「アムリタ(下) (新潮文庫)」に収録 amazon
紐を引っ張り、蛍光灯を全部消した。
雫井 脩介「火の粉 (幻冬舎文庫)」に収録 amazon関連カテ消灯
目に映る全ての影が、乾いた光の黄に照らされて淡く映っていた。
吉本ばなな / サンクチュアリ「うたかた/サンクチュアリ」に収録 amazon
スイッチに手をのばす。わたし一人分にしては充分すぎる程の明るさが広がる。
小川洋子 / 揚羽蝶が壊れる時「完璧な病室 (中公文庫)」に収録 amazon
あと 47 個の表現が登録されています
ログインして全部見る
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
カテゴリ検索 単語の意味
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分