TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 町並み・集落


カテゴリ検索 単語の意味
(サイパンの街並み)週刊誌で見る「昭和初期の銀座」みたいな、人間に対しておおらかな風景だった。(略)空が広くて、人々の顔も晴れやかで、まるでパノラマのようだ。
吉本 ばなな「アムリタ(上) (新潮文庫)」に収録 ページ位置:91% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
町並み・集落
しおりに登録する
パノラマ(ぱのらま)・・・目の届く範囲のすべてに広がった風景。
英語で[panorama]と表記し、「全景」「広々とした眺め」を意味する。
風景(ふうけい)・・・自然の景色。目の前に広がる眺め。その場の情景。
晴れ(はれ)・・・1.天気がいいこと。雨や霧などが伴わない天気。空に雲が少ない、もしくはまったく無い状態。
2.多くの人から注目されて、光栄に思うこと。待ちに待った、めったにない機会であること。晴れがましいこと。正式なこと。公式なこと。
3.疑いが解けて、自由になること。「晴れて自由の身になる」
......番に頭を悩ませているよりもずっと美しいものがあり、それを体にしみこませるために感覚を開いていたい。 そういうことをあたりまえに受け入れられるような空気だった。 週刊誌で見る「昭和初期の銀座」みたいな、人間に対しておおらかな風景だった。 写真を見てよく思った。こんなところを歩いたら、どんなに気持ちいいだろう。空が広くて、人々の顔も晴れやかで、まるでパノラマのようだ。 東京で自分のあいまいな記憶にいらだち、罪悪感さえ持っていた神経症的な感覚がはるかに遠い。「生まれつきこんなふうだったけど。」 と言ってコズミくんは自分の白っぽ......
町並み・集落の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分