TOP > 風景表現 > 空・中空 >


カテゴリ検索 単語の意味
青空に白い雲がうかんでいた。馬が何頭も何頭も後先になりながら走っていくような形をしていた。
庄野 英二 / 星の牧場 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
しおりに登録する
青空(あおぞら)・・・1.青く晴れた空。雲のない青い空。青く澄んで見える空。碧空。蒼天。
2.他の語に付いて「戸外で行う」「屋外」「露天」の意味を表す。
(うま)・・・1.ウマ科の哺乳動物の総称。古くから耕作・運搬・常用に使う重要な家畜。体が大きく、首・顔が長く、鬣(たてがみ)がある。草食。
2.脚立(きゃたつ)の異称。四方に開いた支脚を有する台。
3.将棋で角の成ったもの。竜馬(りゅうめ)。成り角。
4.「つけうま」の略。遊興費の不払いを取り立てるため客に同行する者。
5.体操で跳馬のこと。またその用具。
no data
雲の表現・描写・類語(空・中空のカテゴリ)の一覧 ランダム5
空には刷毛で引いたような細い雲が幾筋か流れ
村上 春樹「1973年のピンボール (講談社文庫)」に収録 amazon
怪物の影のような雲
前田河広一郎 / 三等船室「現代日本文学大系 (59)」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「空・中空」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
空・中空 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分