TOP > 人物表現 > 人の印象 > 元気・生き生きしている

TOP > 人物表現 > 若い・子供・青年 > 十代


カテゴリ検索 単語の意味
薄暗い茫洋とした世界を生命力のかたまりになって、ただがむしゃらに転がりまわっている十代
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 ページ位置:10% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
元気・生き生きしている 十代
しおりに登録する
......らい、絃と共に暮らし始めたころまではまだ私は十代だったのです。実年齢のほかにも人間にはべつの年齢があり、それを精神年齢などと呼びますが、二十三歳まで私は自分が、薄暗い茫洋とした世界を生命力のかたまりになって、ただがむしゃらに転がりまわっている十代の感覚でいました。それから絃と暮らす三年のあいだにちょっとずつ十代じゃなくなり、いま二十六歳で二十代とも三十代ともちがう変な場所に迷い込んでいます。生命力のかた......
元気・生き生きしているの表現・描写・類語(人の印象のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
十代の表現・描写・類語(若い・子供・青年のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「人の印象」カテゴリからランダム5
「若い・子供・青年」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
人の印象 の表現の一覧 
若い・子供・青年 の表現の一覧 
人物表現 大カテゴリ
表現の大区分