TOP > 風景表現 > 室内のようす > 使われていない部屋・部屋主がなくなった部屋


カテゴリ検索 単語の意味
(えり子が亡くなって雄一が残った部屋)部屋中が夜の中でしんと静まって、雄一の声を聞いているようだった。この部屋もまたえり子さんの不在にとまどっているように感じ続けていた。
吉本 ばなな / 満月 キッチン2「キッチン (角川文庫)」に収録 ページ位置:34% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
使われていない部屋・部屋主がなくなった部屋
しおりに登録する
......日目覚めたら忘れてる。最近、いつもそうだった。次の日に続くものがないんだ。」 ソファにごろんとうつぶせになって雄一はそう言った後で、困ったなあ……とつぶやいた。部屋中が夜の中でしんと静まって、雄一の声を聞いているようだった。この部屋もまたえり子さんの不在にとまどっているように感じ続けていた。夜は更けて、重くのしかかる。わかち合えるものはなにもない気分にさせる。 ……私と雄一は、時折漆黒の闇の中で細いはしごの高みに登りつめて、一緒に地獄のカマをのぞき......
使われていない部屋・部屋主がなくなった部屋の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分