市街の割れた柘榴のような全相がきらきらと陽に輝き渡っている眺望

絶景・美しい風景 の表現・描写・類語

TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 絶景・美しい風景


カテゴリ検索 単語の意味
市街の割れた柘榴のような全相がきらきらと陽に輝き渡っている眺望
横光 利一 / 青い石を拾ってから「横光利一全集〈第2巻〉 (1955年)」に収録 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

眺望(ちょうぼう)・・・眺め。遠く見渡すこと。見晴らし。
全相(ぜんそう)・・・1.全体の見た目。全体の景色。「相」は、ものの外見を意味する(手相・人相など)。
2.本の全てのページに挿絵があること。全ページ絵入り。

次のカテゴリに分類されています。
絶景・美しい風景
絶景・美しい風景の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分