TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 田舎(いなか)


カテゴリ検索 単語の意味
真直ぐに落ちてくる広く太い光線、塩気を含んだ南からの風、稲のむせかえるようなにおい、それらのこの故郷ならではの手触りが、何かの拍子に掻き消えてしまいそうで心もとない
高樹のぶ子 / その細き道(追い風) 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
田舎(いなか)
しおりに登録する
光線(こうせん)・・・光のすじ。光の線。差してくる光。
心許ない(こころもとない)・・・頼りにならなそうで不安。心配。
含む(ふくむ)・・・1.口の中に入れて噛んだり飲み込んだりせず、そのままの状態のこと。
2.ある気持ちを態度に示したり、なんとなくにおわす。「憂いを含んだ表情」
3.ある範囲の中にその要素が入っていること。「サービス料を含んだ値段」
手触り(てざわり)・・・1.手で触ったときの感じ。手に受ける感触。
2.物から直接受ける感じ。印象。
no data
田舎(いなか)の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分