TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 崖・谷・断崖絶壁

TOP > 風景表現 > > 紅葉


カテゴリ検索 単語の意味
渓谷の紅葉は錦繍(きんしゅう)の帯のように谷の屈曲に沿うて遠く上流にまで連なっていた。
この表現が分類されたカテゴリ
崖・谷・断崖絶壁 紅葉
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
no data
単語の意味
錦繍・錦綉(きんしゅう)
沿う・添う・副う(そう)
錦繍・錦綉・・・色鮮やかで美しい立派な織物や衣服。錦と刺繍をほどこした上等な衣服。美しい花や紅葉のたとえにも用いられる。
沿う・添う・副う・・・1.(「沿う」と書いて)長い線状のものの近くを離れずに平行に進む。つたっていく。
2.(「沿う」「添う」「副う」と書いて)期待されるところから外れない状態を保つ。ある基準から離れないようにする。
ここに意味を表示
崖・谷・断崖絶壁の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
紅葉の表現・描写・類語(秋のカテゴリ)の一覧 ランダム5
途方もなく大きな友禅染の布を広げたような台地
高橋治 / 石の微笑み「女たち」に収録 amazon
このカテゴリを全部見る
「秋」カテゴリからランダム5
秋になって温気がいくぶん和らぐ頃
林房雄 / 恐怖の花(双生真珠) amazon
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
部屋は三十二階で、外の眺めは、低く広がる街並だった。
山田太一「飛ぶ夢をしばらく見ない」に収録 amazon
桃源郷のような長閑な風景
野崎 幸助「紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)」に収録 amazon
夜の森のふくれあがる豊かな香
大江健三郎 / 芽むしり仔撃ち amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
秋 の表現の一覧 
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分