TOP > 風景表現 > 室内のようす > 三和土(たたき)・土間(どま)


カテゴリ検索 単語の意味
三和土たたきの上の盛塩を見ていると、女学生の群に蹴飛けとばされて、さっと散っては山がずるずるとひくくなって行っている。
林芙美子 / 新版 放浪記 ページ位置:20% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
三和土(たたき)・土間(どま)
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......った鎖をそっとつかもうとしたけれども、お前達はやっぱり風景の中の並樹だよ……神経衰弱になったのか、何枚も皿を持つ事が恐ろしくなっている。  のれん越しにすがすがしい三和土たたきの上の盛塩を見ていると、女学生の群に蹴飛けとばされて、さっと散っては山がずるずるとひくくなって行っている。私がこの家に来て丁度二週間になる。もらいはかなりあるのだ。朋輩ほうばいが二人。お初ちゃんと言う女は、名のように初々しくて、銀杏返いちょうがえしのよく似合うほんとに可愛い娘だった。 「私......
ここに意味を表示
三和土(たたき)・土間(どま)の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
酒屋の裏口の薬局みたいな上りばな
林芙美子 / 新版 放浪記
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
カーテンに陽光が透けてベランダの鉄柵の黒い影が映っている。
沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)」に収録 amazon関連カテカーテン室内に差し込む光
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分