視界の果てまで並ぶ建物、目も眩むようなその数に、まるで山脈みたいなその圧倒的な重量

都会 の表現・描写・類語

TOP > 風景表現 > 地上・陸地 > 都会


カテゴリ検索 単語の意味
......人間っていう生き物は集まるとこんなに濃い匂いを出すんだと、私は今まで知らなかった。そしてこの街には、目の前を流れるこの窓の明かりのぶんだけ、人の生活があるのだ。視界の果てまで並ぶ建物、目も眩むようなその数に、まるで山脈みたいなその圧倒的な重量に、私の心はなんだかざわめく。 ──そして立花瀧もまた、この街に住む一人なんだ。私は電車の窓ガラスに映った男の子に、そっと手を伸ばしてみる。ちょっとムカついたり......
新海 誠「小説 君の名は。 (角川文庫)」に収録 ページ位置:24% 作品を確認(amazon)
しおりに登録する

圧倒(あっとう)・・・ひときわ優れた力を持っていること。他よりとても勝っていること。また、その力で相手を押さえつけること。
圧倒的(あっとうてき)・・・他とは比べ物にならないほど優れていること。

次のカテゴリに分類されています。
都会
都会の表現・描写・類語(地上・陸地のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「地上・陸地」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
地上・陸地 の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分