TOP > 風景表現 > 室内のようす > 室内に差し込む光

TOP > 風景表現 > 室内のようす > 障子(しょうじ)・襖(ふすま)


カテゴリ検索 単語の意味
烈しい秋の日が、六尺の障子しょうじへ一面にあたって
夏目漱石 / 吾輩は猫である ページ位置:89% 作品を確認(青空文庫)
この表現が分類されたカテゴリ
室内に差し込む光 障子(しょうじ)・襖(ふすま)
しおりに登録する
前後の文章を含んだ引用
......様子である。 「夜具の中から首を出していると、日暮れが待遠まちどおでたまりません。仕方がないから頭からもぐり込んで、眼をねむって待って見ましたが、やはり駄目です。首を出すと烈しい秋の日が、六尺の障子しょうじへ一面にあたって、かんかんするには癇癪かんしゃくが起りました。上の方に細長い影がかたまって、時々秋風にゆすれるのが眼につきます」 「何だい、その細長い影と云うのは」 「渋柿の皮をいて、......
単語の意味
秋の日(あきのひ)
尺(しゃく)
秋の日・・・秋の一日。また、秋の太陽。秋の日は、暮れやすくて、慌(あわただ)しい。
・・・1.尺貫法での、長さの単位。寸(すん)の10倍、丈(じょう)の10分の1。一尺は30.3センチ。もともとは、手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さを1尺といった。この長さは約18センチで、現在の尺の6割ほどの長さ。
2.1が転じて、ものさし。
3.1が転じて、丈(たけ)。
4.1が転じて、映画のフィルムやカットの長さ。
ここに意味を表示
室内に差し込む光の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
障子(しょうじ)・襖(ふすま)の表現・描写・類語(室内のようすのカテゴリ)の一覧 ランダム5
真黄いろにすすけた障子
林芙美子 / 新版 放浪記
このカテゴリを全部見る
「室内のようす」カテゴリからランダム5
弟は朝の光のなかで荷造りをしていた。
吉本 ばなな「アムリタ(下) (新潮文庫)」に収録 amazon関連カテ室内に差し込む光光に照らされた顔や姿
芝生を敷きつめた立派な庭
村上春樹「風の歌を聴け (講談社文庫)」に収録 amazon
「晴れ・曇り」カテゴリからランダム5
木立をぬう朝陽と澄んだ空気が、心の表面を 射すように懐かしかった。
吉本 ばなな / 大川端奇譚「とかげ (新潮文庫)」に収録 amazon
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
室内のようす の表現の一覧 
晴れ・曇り の表現の一覧 
風景表現 大カテゴリ
表現の大区分