TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 考える・頭を回転させる

TOP > 人物表現 > 思考・頭の中の状態 > 頭の中を整理する

TOP > 暮らしの表現 > 乗り物 > 電車・汽車


カテゴリ検索 単語の意味
三原は都電に乗るのが好きだった。べつに行先を決めないで乗る。行先を決めないというのは妙だが、何か考えに行きづまったときには、ぼんやり電車にすわって思案する。緩慢な速度と適度の動揺とが思索を陶酔に引き入れる。頻繁にとまり、そのたびにがたごととぶざまに揺れて動きだす都電の座席に身をかがめる。この環境の中に自分を閉じこめ、思考のただよいにひたるのである。
松本 清張「点と線 (新潮文庫)」に収録 ページ位置:61% 作品を確認(amazon)
この表現が分類されたカテゴリ
考える・頭を回転させる 頭の中を整理する 電車・汽車
しおりに登録する
(みょう)・・・とてもいい。非常に優れている。または、不思議、奇妙なこと(さま)。
陶酔(とうすい)・・・気持ちよく酔うこと。心を奪われてうっとりと気持ちのいいこと。
......庁前から新宿行の都電に乗った。 夜の八時をまわってラッシュアワーは過ぎていた。車内は空いている。彼はゆっくりと腰かけ、腕を組んだ。背中にこころよい動揺がある。 三原は都電に乗るのが好きだった。べつに行先を決めないで乗る。行先を決めないというのは妙だが、何か考えに行きづまったときには、ぼんやり電車にすわって思案する。緩慢な速度と適度の動揺とが思索を陶酔に引き入れる。頻繁にとまり、そのたびにがたごととぶざまに揺れて動きだす都電の座席に身をかがめる。この環境の中に自分を閉じこめ、思考のただよいにひたるのである。 三原はつかれたような目をしてそれを考えていた。乗客の話も出入りの動きも邪魔にはならなかった。 駅に呼んだのは、自分が確かに札幌駅に《まりも》で到着したことを河......
考える・頭を回転させるの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
頭の中を整理するの表現・描写・類語(思考・頭の中の状態のカテゴリ)の一覧 ランダム5
こうしたらどうだろう、これはどうだろうと、いろんな方向から光を当てて、多様に考えて
綿矢 りさ / 自然に、とてもスムーズに「しょうがの味は熱い (文春文庫)」に収録 amazon関連カテ問題解決頭の中を整理する
このカテゴリを全部見る
電車・汽車の表現・描写・類語(乗り物のカテゴリ)の一覧 ランダム5
このカテゴリを全部見る
「乗り物」カテゴリからランダム5
「思考・頭の中の状態」カテゴリからランダム5
カテゴリ検索 単語の意味
同じカテゴリの表現一覧
乗り物 の表現の一覧 
思考・頭の中の状態 の表現の一覧 
暮らしの表現 大カテゴリ
表現の大区分